カバー画像

的確な自己PRの演出

採用試験とは、「他の人から見た自分を判断してもらう」ことの連続です。
まず初めにエントリーシートや履歴書・職務履歴書などの書類審査があり、正社員採用の場合、面接は採用担当者から始まって現場の長・役員や社長の面接と何段階かに分けて行われるのが普通です。

フリーフォーマットの職務履歴書やそれを軸に話が進む面接では、書き方やアピールのしかたで印象が大きく違ってきます。

自分で書いた書類や話し方を自分で評価することは難しい作業です。人材紹介ならプロのコンサルタントが書類や面接を評価し、書き方や面接のポイントを的確にアドバイスしてくれます。自分を客観的にアドバイスしてくれる存在があるのはとても心強いことです。

おまけに、人材紹介会社なら志望する会社の採用傾向や人事担当者のクセみたいなものを把握していることだってあります。そのようなノウハウを持っていることが人材紹介会社の強みにもなるのです。