カバー画像

人材派遣や予定紹介派遣との違い

就職支援システムには、他に人材派遣、予定紹介派遣という制度があり、混乱している人もいるかもしれません。これらの違いについて解説します。
結論から言うと、正社員を目指すなら人材紹介か予定紹介派遣を利用することになります。


・人材派遣

人材派遣とは、人材派遣会社・その会社と契約した社員・派遣先の企業、の3者間の契約が継続的に続く雇用形態のことをいいます。具体的には、

人材を求める企業(派遣先企業)が人材派遣会社と契約を結ぶ
 ↓
派遣社員が派遣先企業に赴く
 ↓
派遣社員の業務の指示は派遣先企業から受ける

というシステムになっています。

人材紹介との決定的な違いは、派遣先企業と派遣社員との間に直接の雇用関係は生まれないということと、契約期間中、3者の関係がずっと続くということです。お金の流れも、派遣先企業は派遣会社に契約料を支払い、派遣会社から派遣社員に給与が支払われることになります。
派遣社員の契約形態は、人材派遣会社と正社員の契約を結ぶか、時間給による契約社員となります。


・予定紹介派遣

派遣先の企業の社員になるということを前提に、当初数ヶ月間(最長で6ヶ月)は人材派遣の形をとって働く形態のことをいいます。派遣の契約期間が終了する前に派遣会社が仲介となり、派遣先企業には派遣社員を正式に社員として受け入れるに相応しいかの確認をし、派遣社員には派遣先企業と仕事の内容が自分に合うかの確認を取り、双方が合意すれば直接雇用が成立します。
派遣期間中の契約システムは人材派遣と同じで、雇用成立後からは派遣先企業と社員との直接契約になります。

ひとつ、人材紹介と違う点として注意しなければいけないのは、予定紹介派遣の場合、直接雇用の形態が正社員とは限らないということです。契約社員やパートというパターンもあります。あくまでも「派遣先企業と直接雇用」というところにポイントがあるのです。法律上、あらかじめ採用募集の要項に予定紹介派遣であることを明記しなければならないとされていますので、そのような案件を紹介されたら、「雇用されるとしたら正社員かどうか」をよく確認しておきましょう。