カバー画像

人材紹介の種類

人材紹介のサービス形態を紹介しましょう。人材紹介には3つのタイプが存在します。

1.一般登録(人材バンク)型
2.サーチ(ヘッドハンティング)型
3.再就職支援型


1.一般登録型

人材を求めている企業と、職を求めている人を引き合わせる仲介サービスです。広く一般に利用されているサービスのほとんどはこのサービスのことを指します。
求人企業と求職者それぞれの要望を聞き、最適な組み合わせで企業に人材を紹介します。求人会社は募集や営業活動などにより集められ、求職者は人材紹介会社に自分でデータを登録します。人材紹介会社としては、より多くの求人会社や求職者データを集めるほど組み合わせの選択肢が広がり、紹介できる人材も多くなります。
例えるならお見合いのようなシステムですが、人材紹介の場合、最終決定権は企業の側にあります。


2.サーチ型

人材を求めている企業の要望に基づき最適な人材を探し出し、企業に引き合わせるシステムです。「ヘッドハンティング」「スカウト」とも呼ばれるシステムです。企業が求めるレベルや報酬、対象となる人物はある程度ハイレベルな条件の人物となる場合が多く、人材は限りなく絞られますが成功率は高いようです。その代わり、就職が契約が決まるまでに相応の時間がかかる場合も多いです。紹介する人材については登録している求職者とは限りません。


3.再就職支援型

リストラなど企業の事情により社員を解雇せざるを得ない場合に、社員の再就職を代わって支援するサービスです。出向などの支援・調整などを行う場合もあります。この場合、再就職する社員ありきで受け入れ先企業の開拓、フォローと続きます。このサービスの場合も求職者の一般登録などのシステムはなく、企業の依頼があって初めて活動が開始されます。